Xiaomiのキーボードのテスト中です。

おしゃれ雑貨

Xiaomiのキーボードが届いてので、現在入力テスト中です。

ファーストインプレッション

今まではFilcoの赤軸タイプを使っていました。

非常に軽いタッチで打てるので、長時間打ち続けるのが楽なんですが、Xiaomiのキーボードはそれ以上に軽いタッチで入力することができています。

これには驚きです。

特にエンターのタッチは結構繊細で、ちょびっとキーに指の載せるだけで、きちんと反応してくれます。

高速に長時間タイプするにはうってつけのキーボードだと思います。

 

これはすごいかもしれない。

FILCOよりも低価格ですし、それでいて、キーボードの品質も高く、デザインもかっこいいのです。

これは、かなり受けるキーボードかも知れない。

キーボードの同時押しをテストしてみよう。

 

ゲームで同時に使うような同時押しパターンは問題ありませんでした。

すべてのキーが同時に押せるようではないみたいですが、普通のメカニカルキーボードクラスの同時押しに対応していみたいです。

 

キーボードはUS配列になっているため、エンターキーが小さいです。

そのため、US配列に慣れる必要というのはありますね。

 

キーのバックライトは点灯しているのですが、Fnキー+ ↑↓で明るさ調整、またはOFFの切り替えが可能でした。

Fn + WindowsキーでWindowsキーの無効化も可能でした。

ゲーム中はWindowsキーを無効化したいことが多いので、これは素晴らしい機能ですね。

無効化中はWindowsキーが赤く光ります。

 

Shift + CapsLockでCapsLock固定ができますが、その際はキーが赤く光ります。

 

本日は晴天なり、今日はいい天気ですね。

あしたてんきになーれ。

 

試しに寿司打をやってみたところ、こんな感じで打てました。

かなり良い感じです。

 

これから、メインブログで検証していきます。

kazuhiro-geek.com

おすすめの記事

コメント