魔法少女まどか☆マギカの再来。【メイドインアビス、アニメレビュー】

アニメ

コミカルなタッチと愛らしいキャラクターが織りなす、複雑な世界ストーリー。

メイドインアビス

監督 小島正幸垪和等
主演 富田美憂 伊瀬茉莉也 井澤詩織大原さやか
助演俳優 豊崎愛生

 

開封

苺ましまろのようなロリロリで可愛らしい絵柄を使った、方ポウな姿の子どもたちの旅物語でした。

一つの大穴を潜っていく様子は、一つのストーリーとしては、すぐに終わってしまう気がしたのですが、13話ではぜんぜん足りませんでしたね。

確実に2期につながる終わり方だったので、楽しみに待ちたいと思います。

一年後かな?

 

可愛らしい絵柄とは裏腹に、絵の書き込みはきれいかつ複雑でした。

アニメーションを見るためのアニメと言ってもいいかもしれません。

物語も、あっさりとテンポ良く進むところとゆったりと進むところのメリハリがしっかりとしているのは、見ていて引き込まれる演出でした。

特に、オーゼンのシーンは、予想の付かない展開で、見ていてとても恐ろしかったです。

 

仲間だけれど、闇に包まれたオーゼンというキャラクターは、メイドインアビスの中でも、非常に重要な立ち位置にあると思いました。

腕を切るグロテスクなシーンは、このアニメ中で、最も目をそらすシーンでもありました。

このアニメが引き込まれる理由は、少しずつ謎が解き明かされるに連れて、新たな謎が出てくるというところです。

ただ、今後深部に行くにあたって、謎の組織の存在をどのようにまとめるかが疑問です。

アビスの神秘の謎から、組織の謎に変わっていってしまわないでほしいと思いました。

 

メイドインアビスは岡田斗司夫さん(オタキング)もレビューしており、大絶賛されておりました。

特に、一瞬だけ映る映像の美麗さを語っており、物語以外でも素晴らしいアニメとのことです。

機械じかけのアニメーションが不必要に凝っていて、リアリティーがあるらしいのです。

例えば、ロープでエレベーターが引っ張られる時のギミックなど。

※詳しくはニコニコ岡田斗司夫チャンネル参照

 

過度にコミカルな動きは人によっては好まないかもしれません。

絵のタッチも同様です。

しかし、魔法少女まどか☆マギカのように、絵のタッチとは相反する、物語がいいバランスで混ざり合っているのかもしれません。

まどか☆マギカはコミカルな動きではなく、リアリティーある人間の動きですが、メイドインアビスはアニメ特有のモーションが採用されています。

個人的にリアル志向なので、ここに違和感を感じてしまったのですが、特別それが悪いということではありません。

個人の好みですね。

 

まとめ

総評して、オススメのアニメだと思います。

原作は漫画で、まだストーリーのストックが溜まっていないらしいので、2期に関しては、1年後ほどかかるかと思います。

気長に待ちましょう。

おすすめの記事

コメント