人間は複数のことを同時に考えることはできないから、一つのことに集中したほうが効率が良い。

ニートの哲学

いつも忘れてしまうことなんですが、人間は複数のことを同時に行えない生物なんです。

集中する作業は一つに絞る

いつも僕は複数のことを同時に行おうとしてしまいます。

しかし、それは非効率的な作業だったりするのです。

素早く作業を終えるためには、一つのことだけを行ったほうがトータルで終わる時間は早いのです。

 

ここ最近は、岡田斗司夫のラジオ番組を聞きながら、ブログを書く作業を進めてしまっていました。

しかし、岡田斗司夫さんの話す内容はレベルが高いため、考えながら聞かないと内容を理解できないのです。

つまり、ブログを書く作業で一つの脳を使っているのに、岡田斗司夫さんの話にもう一つ脳を使う必要があるのです。

 

しかし、ボク達人間は同時に物事を並列作業することはできないのです。

一部の人達はできるのかもしれないですが、ボクにはできません。

やはり同時進行はだめですね。

 

ただ、脳みそを使わないようなBGMを流すのなら良い可能性もあります。

ベストは無音なんですが、それに疲れてきたら、BGMを流すことは効果的です。

しかし、大音量だと無駄に脳をBGMに割いてしまうので、小さめでなんとなーく聞こえるくらい、環境音のような音量で聞くのがベストです。

 

更に、聞き慣れた音楽のほうが良いかと思います。

初めて聞く音楽よりも、聞き慣れたモノのほうが感覚で聞くことができます。

できるだけ脳を一つの作業に割り振りたいのです。

 

この効率化作業は鉄板で、過去の経験上かなり正しいので、忘れないようにしようと思います。

コメント