サブのデスクトップパソコンの調子が悪い

最近、メインのデスクトップ・パソコンのSSDが死んでしまい、サブだったデスクトップPCを使っているのですが、こちらも調子があまり良くありません。

このサブデスクトップ・パソコンはだいたい6年位使っているかと思います。

もしかすると7年かもしれません。

結構長く使っているので、調子が悪くなってしまうのはしょうがありませんが、できれば今死んでは欲しくありません。

デスクトップ・パソコンは予備が無いとメインが死んだときに、快適にPCを使える環境がなくなってしまうので、常にひとつは用意しておきたいです。

しかし、メインが死んでいる今、サブも死んでしまうと本当に窮地に追い込まれてしまいます。

メインPCはSSD(ROM)が死んでいるだけなので、買えば済む話なんですが、どうせ買うならSSDがいいので、今までと同じサイズの500GBの物を買うとなると、安くても16,000円もしてしまうのです。

安くはないですよね。

ぽんっと出せるくらい稼いでいればいいのですが、そんなに稼げていないので、買うかどうか本当に悩んでしまいます。

例えばSSDではなく、HDDを買うとするといくら掛かるか計算してみようかと思います。

 

Amazonを見てみると、3TBのHDDが8780円という価格でした。

SSDが500GBで1.6万円なので、相当違いますね。

一応メインPCには1TBのHDDがついているので、そちらにOSをインストールしようかな。

SSDが復旧しないようであれば…。

 

おすすめの記事

コメント