【工具箱】100円ショップで買える激安工具箱が案外使える。

DIY関連

工具箱って大きいのもいいですが、小さいタイプは家の隅っこにおいて置けるのであると便利だったりします。

工具箱

工具箱は普通の箱よりも若干頑丈に作られています。

ハンマー等、重たいものを入れるために、頑丈に作る必要があります。

100円ショップの多くの箱は、薄いプラスチックケースが多い中、少しだけ頑丈な工具箱も売っていたので、購入してみました。

 

開封

今回はいろいろなタイプの箱を買ってみました。

IMG_20170614_161353

 

右に行くほど、頑丈な作りになっていますが、左に行くほど、容量が大きくなっています。

IMG_20170614_161359

 

工具箱を使いたいところはコチラです。

すごい大漁の工具が散乱していて、どこに何があるかよくわかりません。

IMG_20170614_161412

 

大まかに分けて入るのですが、仕切りもないので、もう意味がわかりません。

IMG_20170614_161419

 

工具箱をに入れるものは、長いものから短いものまであります。

IMG_20170614_161441

 

一番小さい工具箱では、ハンドアックスは入りますが、長めの金槌は入りませんでした。

IMG_20170614_161502

 

中くらいの箱であれば、斜めにすればハンマーも入りました。

IMG_20170614_161517

 

そして、一番大きな箱は悠々と入れることが出来ました。

IMG_20170614_161528

 

実際に工具を入れてみると、こんな感じでした。

良い感じですね。

IMG_20170614_161709

 

工具の種類毎に分けていれることで、探していた工具を素早く見つけることが出来ますね。

IMG_20170614_161721

 

工具箱ということで、格子状に箱が作られているので、触った感じからもとても頑丈でした。

IMG_20170614_161800

 

厚みはそこそこですが、十分ですね。

IMG_20170614_161808

 

まとめ

一番小さくて、頑丈な工具箱を使うことにしました。

やはり、頑丈でないと、簡単に割れてしまう気がしました。

この工具箱であれば、なかなか頑丈なので、簡単には割れ無い気がします。

 

あとは、この工具箱を10個ほど買い足して、収納をしていきたいと思います。

この工具箱は、縦に重ねることも出来るように作られているので、更に買い足してもいいかと思いました。

おすすめの記事

コメント