家の廊下についている、変な口金の電球を新しくしたい(GX24q-3)

DIY関連

我が家の廊下にはすごい明るい電球がついています。

ただ、触ってみるとすごい熱を発するんですよね。

よく使う場所でもあり、熱を出るとなると電気代もばかにならないので、早めにLEDに切り返したかったのですが、なんと、日本でよく使われているE26口金ではない特殊なものでした。

謎の口金

電球のサイズとしては、一般的なものと同じなんです。

しかし、一般的に普及していない謎の差込口なんですよね。

 

すごい熱いので、タオル越しで持っています。

IMG_20170531_000716

 

端子は4本付いていて、上下には引っ掛けるための突起も2箇所付いています。

IMG_20170531_000721

 

こんな感じ。

IMG_20170531_000725

 

大きさは普通の電球よりも少し大きいかなと思えるくらいです。

IMG_20170531_000730

 

製品名が書いてありました。

IMG_20170531_000744

 

口金の種類

製品名などを含めた詳細はこのような感じでした。

OSRAM DULUX T/E
FHT24 EX-L
3波長形電球色
Made in Germany
SOC 24ワット
OSRAM r988

 

試しに「FHT24 EX-L」で調べてみると、この電球の口金は「GX24q-3」という型番の口金みたいです。

GX24q-3をE26口金に変更するためのアダプターも販売されていましたが、それを使う際は電気的な工事を品蹴らばいけないらしいです。

GX24qというのは直流電流で使うための照明ランプなのかな?

 

また、これと同等と思われるしながAliExpressでも販売されていました。

【AliExpress】口金変換アダプター

 

サイズ比較

IMG_20170601_022929

 

まとめ

ちょっとこの端子の詳細がいまいちわからないため、安易に手を出さないでおこうとおもいます。

他のページには火災の危険性もある、と書いてあったところもあるため、単純に端子の形状を変換するだけではない可能性があります。

詳しく知っている人がいましたら教えていただきたいです。

おすすめの記事

コメント