【DIY】絨毯を切り刻んで、階段マットを自作してみた。

DIY関連

倉庫の階段を素足で登れるようにするために、階段マットを貼り付けてみました。

階段マットとは?

階段に貼り付けて、滑り止め効果を出すためのマットです。

これを貼り付けることで、滑りにくくなるため、階段でのケガ予防に役立ちます。

Amazonでもすごい安いので、買ってしまっても良かったんですが、絨毯が余っていたので、それを使うことにしました。

 

作り方

貼り付けるところはこの階段です。

普段は土足で登り押しているのでとても汚いのです。

IMG_20170528_180240

 

冷たい木なので、マットをしいたほうが素足でも登りやすい。

IMG_20170528_180252

 

使うのはこの、縦長の絨毯です。

IMG_20170528_180340

 

これを良い感じで切って、階段に貼り付けるだけです。

IMG_20170528_180346

 

20cm間隔にマッキーで印をつけます。

IMG_20170528_180349

 

あとは、サシガネで直線を引いて、カッターで切るだけです。

IMG_20170528_180411

 

そして、切ったのがコチラです。

IMG_20170528_181105

 

サイズはこのくらい。

IMG_20170528_181114

 

使うボンドはコチラのよくあるやつです。

IMG_20170529_025721

 

ホームセンターで約300円もしなかった気がします。

IMG_20170529_025727

 

速乾タイプの方がすぐに乾くので使いやすいですが、そちらのほうが高いので、コチラを選択しました。そして、今回の作業でほぼ全部使い切りました。

IMG_20170529_025734

 

そして、先程切った絨毯をこのように貼り付けました。

IMG_20170528_184448

 

端っこははみ出ていますが、一番剥がれやすいところなので、もりもりボンドを載せました。

IMG_20170528_184458

 

まとめ

現在まだ乾いていませんが、なかなか良い感じでした。

これなら、素足でも昇り降りが出来ます。

今回は、余った絨毯があったので自作しましたが、階段マット自体安いので、買ったほうが良いかと思います。

階段での怪我は怖いので、付けておくのがおすすめです。

おすすめの記事

コメント