人の人生は運で決まる。(はじめしゃちょーの成功の秘訣)

ニートの哲学

ここ数日インターネット上でははじめしゃちょーの浮気がニュースとして取り上げられ話題となっている。

ここでわかるのは、はじめしゃちょーが人として、尊敬出来るような人間ではないということがわかったことである。

人の人生は運で決まる

人生は努力すれば叶う。

願い続ければいつかその望みは実現する。

そういう考えで生きている人はたくさんいたりもする。

けれど、それを含めた全ての出来事は運である。

 

彼らのことは間違っていないだろうけれど、彼らと出会う可能性は運である。

そして、彼らと出会いたいと思うかどうかも運である。

彼らと会えるような場所、時代、境遇を持って生まれるかどうかも運である。

 

そして、はじめしゃちょーはとても運が良かったのである。

顔はイケメンで、YouTubeは当たる。

そして、彼女もたくさん手入れることができた。

彼は今後、金銭面で落ちていくということはまず無いだろう。

 

今の時代金銭面で余裕があるというのは、他の多くの問題も解決する力ができたと同意義になる。

助けてほしいことがあれば、お金で助っ人を雇うことも出来る。

はじめしゃちょーの運はすごい

彼がここまで上り詰められたのは努力もあるが、それに努力できる事ができたのは運である。

好きなことでなければここまで努力できなかったはずだ。

もし、嫌いなことでも努力ができる様な人間は、絶対に大金を稼ぐことが出来る。

寝ている時間以外は勉強し続ければ良いのだ。

そうすれば、あらゆる分野の知識がつき、あらゆる言語を話すことが出来、確実に大手の企業に就職することが出来る。

天才というのは、博識である。

世界一の金持ちにはなれないかもしれないが、年収1000万以上の金持ちには確実になれる。

 

しかし、人間は嫌なことはし続けられない生き物である。

もし、努力すれば嫌なことも継続できるのなら、世界中は天才になっているはずだ。

でも、ボク達は1時間勉強すると6時間休憩したくなってしまう。

プロになるには好きになるしかない

世の中のプロフェッショナルと言われている人間は、その分野が嫌いだけれど、努力を出来る頑張りやだったのではない。

その分野が好きで、継続することが出来たにすぎないのである。

そして、それが好きになったのは、DNAにそう刻まれているからである。

DNAを書き換えられる時代が来るまで、世の中は運で決まってしまうのである。

 

近い将来、技術的にDNAを書き換える、もしくはそれに近いような技術は生まれてくる。

少なくとも50年以内には来ると思う。いやもっと速いかもしれない。20年後には来ている可能性だって否定はできない。

なんせ、この前にDNAにデータを書き込む技術が開発されたからである。

 

嫌いな分野を努力するのは意味が無いのである。

嫌いなことは継続できないのである。

継続できなければ、プロフェッショナルにはなれないのである。

全ての行動は水の泡なのである。

好きなことをしようではないか。

コメント