iPhone7に全面保護ガラスフィルムを貼ったら、完璧に貼ることができた。

姉がiPhone7に機種変更をしたので、余っていたiPhone7の保護ガラスフィルムを貼り付けてみました。

保護ガラスフィルムとは?

普通のフィルムではなく、ガラス素材が使われたフィルムです。

そのため、通常のペラペラのフィルムと比較して、指がスムーズに動いたり、落としたときの衝撃をより吸収してくれたりもします。

そのかわり、厚みがあるため、ホームボタンが谷の様に深くなってしまうところが欠点です。

 

貼ってみた

今回使ったのはこの保護ガラスフィルムです。

画面端までしっかりとカバーしてくれるので、画面端が曲面になっているiPhone7でも問題なく貼り付けることが出来るようです。。

IMG_20170302_214548

 

フィルムはガラスなので、このようなプラスチックシートにガラスフィルムが張り付いていました。

剥がすときは、ガラスフィルムを曲げてしまうと割れてしまうので、慎重に剥がす必要があります。

IMG_20170302_214528

 

これが貼り付けるiPhone7 32GBです。

IMG_20170302_214257

 

そして、これが貼り付けた後です。

IMG_20170302_214641

 

1mmの誤差もなくピッタリ、綺麗に貼り付けることができました。

IMG_20170302_214537

 

まとめ

貼り付けるときのポイントは、できるだけホコリを立たせない様にすることです。

そして、貼り付ける前に、画面の上にのっけて、乗せる感覚を練習することです。

 

実際に貼るときは、ホームボタンとスピーカー部分をピッタリ合うように乗せることです。

失敗したときのために、セロハンテープを用意しておいて、貼り付けておけば、一度載せた保護ガラスを剥がす時に便利です。

一度載せてしまっても、押し付けずすぐに剥がせば、剥がすことができます。

 

最後の写真には気泡が入っていますが、1に経てば見えなくなるので、問題ありません。

保護フィルムを貼るときの参考にしてみてください。

おすすめの記事

コメント