バンホーテンチョコがホロ苦ビターでなかなか美味しくて、一瞬で食べてしまった。

お菓子

こんにちは、チョコ大好きのかずひろです。

バンホーテンのチョコが家に置いてあったので、食べてみると案外美味しくて、一瞬で全部食べてしまいました。

バンホーテン

Van Houten(バンホーテン)はココアで有名なブランドですが、最近はココア以外の製品もたくさん出ていますよね。

なんだか、この名前がついているだけで、ちょびっと高級感を感じます。

ココアを買うときは、なんだかバンホーテンを選んでしまう僕なので、チョコレートもなんだか美味しそうに感じてしまうのかもしれません。

 

開封

ダースみたいなパッケージですね。12ピース入っているようです。

 

Van Houtenはヴァンホウテンって読むのかな?

 

こっちに日本語でバンホーテンって書いてありましたw

 

180年の伝統があって、世界が認めているみたいです。ホントかな?

 

糊付け部分がハートになっているのは、わざとかな?

 

1828年、世界で初めてココアパウダーの製造法を発明したのがバンホーテンらしいです。

そのこだわりのの素材で丁寧に仕上げたチョコレートらしいです。

くちどけとともに感じられる、奥深いココアの風味と余韻をお愉しみするといいらしいです。

 

風を開けるとこんなパッケージでした。

 

中身はプラスチックのトレイにきれいに並んでいました。

 

うーん美味しそう。

 

触るとちょびっと溶けかかったので、ミルクの純度は高いかと思います。

 

下はちょびっと色が変わっていました。2層構造なのかな?

 

チョコレートといえば、一緒にティーを飲むのが最高です。

この組み合わせで食べ始めると一瞬でチョコレートがなくなります。

 

まとめ

チョコレート自体はそれほど特徴的な味ではありませんでした。

よくあるビターチョコレートという感じです。

そのため、あえてこれをリピートする理由はないかもしれません。

 

単純にバンホーテンというブランドが僕をひきつけたので、メーカーとしては成功なのかもしれません。

あとは、個包装じゃないと、一気に食べちゃうので、少しずつ食べたい人は、1つずつ包まれているタイプのチョコレートを選んだほうがいいですね。

おすすめの記事

コメント