ニートの容認

ニートの哲学

仕事に行くという苦痛の先に、得るものは無い。

ボクも昔は仕事をしていました。 いろいろな種類の労働をしてきましたが、どれも私に合うものはありませんでした。