【ニートの晩御飯】ステーキ

日記

ニートでも(硬い)ステーキが食える

ステーキは必要?

皆さんはステーキって好きですか?

大抵のステーキって硬いじゃないですか。

どのくらいが硬いかというのは人それぞれかもしれませんが、霜降り以外は硬いと思います。

じゃあ、霜降りは美味しいかと言われると、それも疑問です。

ボクにとっては、牛タンが最高です。

 

今日の夕食

ステーキとパスタサラダでした。

まずいわけではなく、美味しく食べることが出来ましたが、わざわざ手間を掛けて作る必要性を感じる美味しさではありません。

これは、調理法が下手ということではなく、食材由来の美味しさということです。

 

肉というのは硬いものなのです。

そして、それを分厚く切ると当然硬いのです。

しかし、焼肉やしゃぶしゃぶの様に薄くスライスすれば、柔らかく感じることが出来るのです。

この状態で食べるのが最高にコスパの高い肉の食い方です。

 

がしかし、ステーキを食べたいという人間はたくさんいるのが不思議です。

少ない量で美味しく食べれたほうがコスパが高くてお得じゃないですか。

謎です。

 

まとめ

貧乏人が肉を食べるなら、冷凍の豚肉スライスを買うのが一番です。

都会なら業務スーパーに行けば、1kg 800円位で買うことが出来ます。

冷凍肉は日持ちがしますし、なかなか安く美味しいのでカレーと作ると簡単かつ美味しくてとてもコスパが高いのです。

料理時間もコスパの時間計算に入りますから、簡単というのはとても重要です。

コメント