【ニートの哲学】ストレスを発散させる方法はいくつかある。

ストレスの発散が重要というのはよく言われています。

しかし、今まで何故必要なのか、いまいち理解できていませんでした。

ストレスの発散状態とは?

ストレスとためすぎると、精神的にも体調的にも良くないらしいです。

健康状態が悪くなり、イライラとしてやるべきことがはかどりません。

そのため、定期的にやりたいことをしてストレスを発散させる必要があるらしいのです。

 

この時のストレスを発散させるというのは人それぞれ違いますがどういった状態のことなのでしょうか?

 

ストレスの発散状態

思いつくストレス発散状態を箇条書きにしてみました。

  1. たくさん美味しいものを食べる
  2. 運動をする
  3. ゲームをする
  4. 寝る
  5. お酒を飲む

これらに交通していることは、好きなことをして遊ぶということだと思います。

また、その時の脳の状態を考えると、あまり物事を考えていない状態ともいえるかもしれません。

美味しいものを食べているときは、無心で食べます。

運動をするときは、無心状態です。

ゲームをするときも熱中して他のことを考えません。

寝ると何も考えません。

お酒を飲むと脳の働きが低下して、強制的に何も考えられなくなります。

 

お酒でストレスを緩和する

多くの人は定期的にお酒を飲みます。

しかし、僕を含めた一部の人はお酒を飲みません。

お酒を飲むとかんたんにストレスを低減することができますが、そうでなければ他のことで低減させるしかありません。

そう考えるとゲームをするというのは一つの脳を休憩させる一つの方法なのかもしれないと思えました。

 

常に考えて疲れるようなゲームでは休めない気がしますが、ぼーっとやり続けられるゲームであれば、脳の働きをストップさせることができる気がします。

ゲームの必要性が今までわかっておりませんでしたが、今ここで判明した気がします。

 

ゲームはストレス発散道具

お酒を飲めない人は、ゲームをしてストレスを発散させるのが良い方法かもしれません。

定期的なゲームのプレイはストレスを効率よく発散させてくれるのかもしれませんね。

コメント