【ニートのDIY】芝生を植えて1年経過すると、どうなるか検証してみた。

DIY関連

約1年前に砂利と砂ばかりの所を整備して、芝生を植えました。

1年経った現在どのようになったをご紹介します。

芝生とは?

よくゴルフコースやサッカーコートで使われている芝生ですが、メンテナンスはけっこう大変です。

一度種を巻いただけでは、持続しないため、毎年種を巻いて芝生の密度を上げていく必要があります。

芝生は定期的に長さを調整するためにカットします。

そのため、自分で種を作る前に切られてしまうため、種は買うしか無いのです。

 

1年前

芝生の種を植える場所は、このように草に適していない硬い土でした。

IMG_20160515_115329

 

そのため、この土を柔らかくするために、指定の範囲の土を掘り返して、砂利を取り除きました。

写真右奥にあるのが掘り出した砂利です。

IMG_20160515_125114

 

今回使う芝生の種はコチラです。確か200~300円くらいの安いものだった気がします。

もっと広い範囲に芝生を植えるなら1リットルのものを買ったほうが良いのですが、今回はテストなので、この小さいタイプを選びました。

IMG_20160515_125227IMG_20160515_125221IMG_20160515_125329

 

そして、適当に均等に蒔きます。

IMG_20160515_125529

 

ちっちゃくてよく見えません。

IMG_20160515_125534

 

ズームでようやく見えました。

IMG_20160515_125541

 

種はすごくちっちゃいです。

IMG_20160515_125547

 

これだけだと、鳥に食べられたり、風で飛ばされてしまうので、上から薄く砂をかぶせて完成です。

最初の1週間ほどだけは毎日水を軽くあげていましたが、その後は完全に放置です。

IMG_20160515_125645

 

1年後

そして、ようやく1年が経過しました。

すると、なんともキレイに生えてくれました。

IMG_20170429_162052

 

わかりづらいですが、この囲ったところが芝生の種を蒔いたところです。

四角いところが芝生

 

ズームで見てみると、小さい草が懸命に生えています。

まだ、暖かくなったばかりで、つくしも生えてきたくらいなので、これから更に青くなるのかもしれません。

IMG_20170429_162100

 

可愛い。

IMG_20170429_162111

 

コチラは雑草たちです。遠目から見ると、芝生も雑草もあまり変わらないですが、芝生のほうが均等に草が生えています。

また、雑草は案外土が丸見えです(凸凹しています。)

芝生は

IMG_20170429_162128

 

まとめ

案外簡単に芝生って生やすことが出来るんですね。

最初だけ水を挙げた程度でその後はほぼ手入れはしていません。

冬場は雪が山盛りに積もっていた場所ですが、それでもしっかりと乗り切っていますね。

 

今回使った種は1dl=100mlの種です。

つまり、1リットルの種を使えば、この10倍の面積を芝生に出来ます。

Amazonだと約1リットルで1400円ほど(2017年5月4日現在)なので、1年間の芝生の維持費は1400円と思っても良いかもしれません。

案外おもったよりも芝生って安いですね。

おすすめの記事

コメント